とりかえ・ばや11巻 episode51「賭け」のネタバレ・感想【嘘に懲りぬ女は、まことを探している】

こんにちは、るりです。
「とりかえ・ばや」の51話ネタバレをお伝えします♪




☆感想☆

初っぱなでええーーー!っとなって、
中盤でハラハラして、
終わりでまさか!?という、
驚きばっかりの回でした。


恋愛よりも戦いメインです。

★:*:☆・∴・∴∵‥∵‥∴‥∵∴・∴・☆:*:★


☆この続きはネタバレ考慮ありません☆
☆自分で読みたい!という方、はまんが王国へ♪
→まんが王国はこちら
☆この続きはネタバレ考慮ありません☆

★:*:☆・∴・∴∵‥∵‥∴‥∵∴・∴・☆:*:★



☆あらすじ☆

睡蓮は、銀角が宮中を呪った証を発見
吉野の君に届けようとしますが、
寺の者に見つかってしまいます。


従者をかばった睡蓮は
それを拾って先に行け!
私にかまうな!
と叫び、崖から落ちてしまいます…。


沙羅はその日、
睡蓮が星間に漂うような夢を見てしまい、
泣きながら目覚めます。


銀角に脅されたことからの迷いや
睡蓮に何かあったのかもしれない、と焦りで
沙羅はどうしようと途方に暮れます。


そこへ吉野の君からの手紙が。
睡蓮が呪詛の証拠探しのために
鞍馬山へ行ったこと、
吉野の君は、リスク分散のために
吉野に残ったことを伝えます。


沙羅はそれを読み、覚悟を決めます。
二人を信じて
やるしかないのだ!



そうして弓弦へ、
大祓で里下がりしようと思っている
と伝えます。


弓弦は退出を悲しみ、
姉のように思っていました、と
慕う涙をみせる弓弦。
沙羅は私も…と答えながら、
内心で
それは嘘――
切ない思いで否定するのです。
(嘘の内容それか!と
 切なくなったのでここが一番好きです。
 まんが王国で見てみて下さい!
 →まんが王国はこちら


もちろん、里下がりは嘘です。
弓弦から銀角に伝わり、
銀角が沙羅へのちょっかいを
止めるのを期待しているのです。


睡蓮と吉野の君が
証を持ってくるのが早いか――
銀角が私たちの入れ替わりの
秘密を明かすのが早いか――

私は
睡蓮と吉野の君に
賭けたい



その足で沙羅は、
東宮のもとへ足を運びます。


そして三の姫に、
陰謀の話を打ち明けます。
孤軍奮闘かと心細かった三の姫は
思わず、涙するのでした。


そこへ、吉野の君からの手紙が。
朱雀門にて待つとの連絡。
ですが沙羅は宮中から出られぬ身。


そこで沙羅がとった手段は――!

ぜひまんが王国でご確認ください♪
まんが王国はこちら

→つづきの話へ
★:*:☆・∴・∴∵‥∵‥∴‥∵∴・∴・☆:*:★


私はスマホの電子コミックで
「とりかえ・ばや」を読みました♪


家事の隙間とかに
気軽に読めるので助かります。


まんが王国の
じっくり試し読みをきっかけに
購入決めちゃいました。

まんが王国はこちら


サイト内で「とりかえ・ばや」で検索すると、すぐに読めます。
「とりかえばや」でも探せました♪


もう少し手順を知りたいって人がいれば
ここがわかりやすかったですよ(*'▽')
まんが大好き

この記事へのコメント