とりかえ・ばや 10巻 ネタバレ感想【敵に不足なし!】

こんにちは、るりです。
「とりかえ・ばや」の10巻ネタバレをお伝えします♪


9784091386779.jpg

episode46「弓弦王」のネタバレ・感想【あどけない少年は男たちに蹂躙されてしまうのか】
episode47「乱の気配」のネタバレ・感想【乱れるのはいつでもオトナ】
episode48「闇に挑む」のネタバレ・感想【少年がオトコになるとき】
episode49「熱」のネタバレ・感想【女の武器は使ってなんぼ】
episode50「発覚」のネタバレ・感想【怪僧と毒婦のタイムラグ二重奏】



☆感想☆

いろんな人のいろんな顔が見られて、
懐かしい反面
時の流れにしみじみします。


まさかあの面倒な人が…ねぇ(。→ˇ艸←)
★:*:☆・∴・∴∵‥∵‥∴‥∵∴・∴・☆:*:★


☆この続きはネタバレ考慮ありません☆
☆自分で読みたい!という方、はまんが王国へ♪
→まんが王国はこちら
☆この続きはネタバレ考慮ありません☆

★:*:☆・∴・∴∵‥∵‥∴‥∵∴・∴・☆:*:★



☆あらすじ☆

帝の内侍(秘書)として、宮中に戻った沙羅。
心配事で宮中に戻ったのは
帝にお見通しでした。


今の東宮を廃して
政権を握ろうとする陰謀があると
帝へ伝えます。
ただし首謀者が
だれかはまだわかりません。


沙羅は調べようと提案しますが、
帝は沙羅の安全のためにも、
口外しないようにくぎを刺します。


しかし、その陰謀の首謀者は
高僧・銀角ではないかと
沙羅はにらみます。
銀角こそ、弓弦と式部卿を出会わせ
弓弦を立太子させようとした男でした。


沙羅は彼がしっぽを出すよう、
あえて懐妊の噂を流します。


銀角はその噂で動いてしまい、
沙羅の疑惑を確信に変えさせます。
逆に、沙羅が見せた油断も
銀角に入れ替わりの確信を与えてしまいます。

沙羅は、入れ替わりをばらされたくなければ出て行けと脅されるのです…


ちなみに、懐妊の噂は
帝には浮気しているで受け取られ、
かなりぎくしゃくします…。
そこからの仲直りは、
 ぜひ読んでいただきたいシーンです!
まんが王国はこちら


さらに銀角は、
吉野の君とも深い因縁があった様子。
都へ帰れない吉野の君は、
地方へ隠れ住む睡蓮を訪ねるのです。


睡蓮はまだ都には帰れないときっぱり断ります。
ですが、都以外で戦う決意をします。


陰謀の黒幕である銀角、
弓弦の後ろ盾を自認する式部卿、
睡蓮(本当は沙羅)の懐妊をさせまいとする梅壺――


それに立ち向かう、帝・東宮・沙羅・睡蓮。


次巻の全面対決に向けて
駒が出そろう巻でした!
ラブラブも蜜度あげてきてます♪
★:*:☆・∴・∴∵‥∵‥∴‥∵∴・∴・☆:*:★


私はスマホの電子コミックで
「とりかえ・ばや」を読みました♪


家事の隙間とかに
気軽に読めるので助かります。


まんが王国の
じっくり試し読みをきっかけに
購入決めちゃいました。

まんが王国はこちら


サイト内で「とりかえ・ばや」で検索すると、すぐに読めます。
「とりかえばや」でも探せました♪


もう少し手順を知りたいって人がいれば
ここがわかりやすかったですよ(*'▽')
まんが大好き

この記事へのコメント