とりかえ・ばや10巻 episode49「熱」のネタバレ・感想【女の武器は使ってなんぼ】

こんにちは、るりです。
「とりかえ・ばや」の49話ネタバレをお伝えします♪




☆感想☆

少女漫画再び♪
帝、かっこいいです。
そして沙羅の反応も少女漫画あるあるで、
笑っちゃいました☆


にしても、クライマックスが近づいてきた感が!
★:*:☆・∴・∴∵‥∵‥∴‥∵∴・∴・☆:*:★


☆この続きはネタバレ考慮ありません☆
☆自分で読みたい!という方、はまんが王国へ♪
→まんが王国はこちら
☆この続きはネタバレ考慮ありません☆

★:*:☆・∴・∴∵‥∵‥∴‥∵∴・∴・☆:*:★



☆あらすじ☆

沙羅は、懐妊したという噂を宮中に流し
銀角の出方を待ちます。


一方で帝は、
沙羅が妊娠したことをいぶかり、
距離をおくようになりました。


沙羅はそれをさみしく思いますが、
決意は揺らぎませんでした。
主上が「懐妊はまことか?」と
一言問うて下されば
事の次第をお話しするのに

いつも私を
からかって楽しんでおられたのに


主上にどう思われても
私はやる


そんな沙羅のもとには、
帝がそろえさせた新しい女官や
日々のお祝いの品が
たくさん届きます。


その中に、あの日
東宮への呪詛を込めた米
同じ袋が見つかりました。


雀に食べさせたところ
たちどころに
死んでしまいました。


証拠が手に入ったと
かけだした沙羅を、
銀角のスパイをしていた女官が
突き飛ばします。



帝も慌てて沙羅を見舞います。
目を合わさぬままですが、
体をいとうようにと言い残して
去ろうとします。


そこでようやく沙羅がことの次第を明らかにし、
改めて二人の仲を深めるのでした。
(この復縁、ぜひぜひまんが王国で楽しんでください。
 かつての名シーンがよぎる素敵少女漫画です。
まんが王国はこちら


銀角のもとへは、
スパイ女官が報告に訪れていました。
顔を見られたかもしれない、として
宮中を退出する手立てをたてています。


そのついでに、沙羅の肩に
弓矢から受けたような傷があったことを
報告するのでした。

★:*:☆・∴・∴∵‥∵‥∴‥∵∴・∴・☆:*:★


私はスマホの電子コミックで
「とりかえ・ばや」を読みました♪


家事の隙間とかに
気軽に読めるので助かります。


まんが王国の
じっくり試し読みをきっかけに
購入決めちゃいました。

まんが王国はこちら


サイト内で「とりかえ・ばや」で検索すると、すぐに読めます。
「とりかえばや」でも探せました♪


もう少し手順を知りたいって人がいれば
ここがわかりやすかったですよ(*'▽')
まんが大好き

この記事へのコメント